• 三瓶山北の原キャンプ場

ハイキングに、サイクリングに、温泉に、自然の遊び場に困らないフィールド

三瓶山の北の原の麓に開けているキャンプ場。国立公園内にあり、規模も大きい。AC電源付きサイトはキャンピングカーも乗り入れ可能な7区画で、そのほか各サイトに野外炉、ベンチなどがあり設備も充実している。サイト間はとくに区切られていないが、スペースがあるので窮屈な感じはしない。常設テントサイトは頑丈なテントが高床式テラスに設置してあり、雨の日でも安心だ。タイプの違う常設テントサイトが2サイトあり、テント内へは土足のまま出入りすることができる欧米仕様。スタッフが手作りしたこの画期的なサイトは人気上昇中だ。ケビンは通年営業で、雪景色も楽しめる。室内はキッチン・バス・トイレと快適な空間を確保している。場内の売店では氷、調味料、各種燃料などが購入できる。各種レンタルも充実している。料金は変動することがあるので問い合わせを。

料金の目安
4,000
管理人さんからひとこと
自然をそのまま生かした静かなキャンプ場なので、本来のキャンプの醍醐味が体験できると思います。自然観察、登山の拠点などにぜひ、ご利用ください。


キャンプ場施設

利用条件

地図・アクセス

住所
島根県大田市三瓶町多根1121-1
アクセス
松江道・吉田掛合ICをおりて、国道54号を雲南市、三次市方面へ。雲南市掛合町恩谷から県道川本波多線を右折。道なりに進むと三瓶山東の原へ。東の原から約7分。
URL
http://nature-sanbe.jp/camp

  • 周辺のアクティビティ
    遊び&イベント

    標高1126mの三瓶山は、草におおわれたなだらかな山でハイキングに絶好だ。約1.5時間のコースがあるので、ぜひ歩いてみよう。冬はクロスカントリーで楽しめる。ノルディックウオークポールもレンタルあり。各種イベントも予定されている。温泉は共同浴場の三瓶温泉がある。隣接する三瓶自然館サヒメルは、三瓶や島根の自然を紹介する三瓶フィールドミュージアムの中心施設で、さまざまな自然体験プログラムにも参加できる。年間のイベント一覧表を発行しているので参考にしよう。また、世界遺産石見銀山への拠点にも便利。

  • 料金情報
    料金の目安

    ●オートサイト=3100~7100円●フリーサイト・集団サイト=900~1000円●ケビン(5~10名・全13棟)=8700~2万2500円●バンガロー(4~6名・全5棟)=6900~8700円

  • その他の詳細情報
    サイトタイプ:
    • オートサイト
    総サイト数:
    • 255 
    サイトの地質:
    • その他
    適性ペグ:
    • プラスチック
    • アルミ
    • スチール
    レンタル可能品:
    • テント
    • タープ
    • 毛布
    • 調理用具
    • ランタン
    • シュラフ
    • BBQ用具
    • 食器類
    • マット
    • 飯ごう
    • ヤカン
    • ダッチオーブン
    ペット条件:
    • バンガロー5棟のみOK、サイト内は不可 ●宿泊施設:5棟OK 
    周辺環境:
      • 高原
      • 公園
    • 標高 570m
    営業期間:
    • 4月1日~11月30日 
    チェックイン・アウト:
    • IN 15:00  OUT 11:00 
    予約:
    • 随時受付 


Magazine最新刊紹介

GARVY2019年8月号

もっと見る