都心型アクティビティイベント「TOKYO outside Festival 2017」イベントレポート

  • Posted on: 27 November 2017
  • By: tatsuno

春の都心アクティビティイベントといえば、栃木の人気キャンプ場「outside BASE」の冠を起用した「TOKYO outside Festival」が風物詩となっている。
しかし、11月18日(土)〜19日(日)に立川・国営昭和記念公園にて開催された本イベントの秋の陣も見逃してはならない。
 
言わずもがな、TOKYO outside Festivalは"遊び"に特化したアクティビティ主体の都心型イベント。
快適生活研究家・田中ケンさんがプロデューサーとして参画し、子どもから大人まで幅広い人が気軽に楽しめるコンテンツを展開する。
今回の秋の陣では、コールマンやムラコといったアウトドア用品メーカーのほか、ジープやアルファインダストリーズ、フレックス、オージー・ビーフ&ラムなど、約50の企業やブランドが出店した。
 
初日は不安定な天候に左右されたものの、2日目は晴天に恵まれて多くの人が来場。
銀杏の葉がキレイに色づいた写真映えする時期も後押しし、親子連れやカップル、外国人など多くの層が昭和記念公園に来場して本イベントのアクティビティを満喫していた。
また、現役日本チャンピオンのバイクトライアルライダー・西窪友海さんと日本トップクラスのストリートトライアルライダー・大竹信太郎さんによるストリートトライアルショーや、ヨガインストラクター・KAORI SHIGYOさんによるパークヨガなど、充実したステージイベントも大好評だった。
 
本陣である次回の春のイベントは、2018年3月24日(土)〜25日(日)で開催することが決定しており、場所も前回同様の新宿中央公園にて行われる。
次回はどんなアクティビティが用意されるのか、今から楽しみだ。

<イベント概要>
日程:11月18日(土)〜19日(日)
場所:立川・国営昭和記念公園
住所:東京都立川市緑町3173
公式ホームページ:http://outside-festa.com
 
text/Michihiro Ogawa photo/shinichiro nakazato