GARVY的イチ押しカーはコレだ!【ジャパンキャンピングカーショー2018】REPORT vol.01

  • Posted on: 5 February 2018
  • By: tatsuno

アジア最大級のキャンピングカーショーとして知られる「ジャパンキャンピングカーショー2018」が幕張メッセで2月2日(金)〜4日(日)の3日間行われ、大盛況の内に会期を終えた。
年間数多くあるキャンピグカーショーの中でも、展示車両の多さや最新モデルのデビューなど、今年のトレンドが見えるショーとして例年多くの人が訪れる。
また、今年は幕張メッセ1〜4ホールと広さも拡大。車両も360台超と数多くの魅力的なキャンピングカーが展示された。
キャンプ好きのGARVY読者にも「いつかはキャンピングカーが欲しい!」という人も多いのではないだろうか?
今回は、会場に並んだ新型モデルのなかで、GARVY的イチ押しのモデルを紹介していこう。
 
REPORTER/伴隆之
 
 
 
 
 

↑ メルセデス・ベンツ日本の「V220d Marco Polo HORIZON」。欧州ではフォルクスワーゲンにカリフォルニアと呼ばれるキャンピングカーが純正ラインにあるのと同様、メルセデス・ベンツにもVクラスをべースにポップアップルーフを搭載したマルコポーロをラインナップ。金額は864万円〜で、フロントシートの回転機能やフルフラットベッドモードを搭載する。  
↑(写真2点) 保冷車や福祉車両、現金輸送車など特殊車両メーカーの東海特装からは、トヨタ・ヴォクシーをベースにした「Cross City Capsule」を発表。このクルマの魅力は、運転席後方がFPR成型による常設のベッドと収納スペースになっていること。カプセルホテルのようなベッドはキャンピングカーにしては都会的。ベッド下に設けられた収納スペースは容量もたっぷり。またグレードもタイプ1〜3まであり、タイプ1だとサブバッテリーやインバーターなどが標準で収納スペース下に搭載される。乗車定員は4人で、2列目や3列目が単座になり、ここを倒せば1人の就寝が可能となる。  
↑ 西尾張三菱自動車販売は三菱・デリカD:5をベースにポップアップルーフを搭載したD:POPなどで人気のあるキャンピングカービルダー。今回は、三菱・アウトランダーPHEVのポップアップルーフモデルが新登場! 既に販売されている、ベッドとテーブルの車中泊キット「E:BED」とこのポップアップルーフがあれば、4人の就寝が可能。PHEVだけに車内で電化製品が使えるのも大きな魅力。より開放的な空間でキャンプや車中泊が楽しめる。