『CAMP PARK KITO』の木頭アウトドア便り 第4回 CAMP PARK KITOスタッフによるDIY!

  • Posted on: 24 May 2018
  • By: kazama

こんにちは! CPKのちえです。

今回は、CAMP PARK KITOスタッフによるDIYの紹介をさせていただきます。

CAMP PARK KITOでは、場内の主要たるレセプション、浴室、カフェ以外のスペースは基本的にスタッフの手作りで構成されています!!

CAMP PARK KITOには、2人のDIY指揮官がいます。一人目はお馴染みの「てるてるてるさん」です。てるさんは自らパソコンで図面を引き、何から何まで細かく緻密な計画を立てて作り上げていく慎重派です。出来上がりも絵に描いたように計画通りに進んでいます。

もう一人は「よっし~」です。よっし~は「こんな感じにしたいな!!じゃあ、やってみよっか」と図面は自分の頭の中だけ! それもあるのかどうかは不明ですが・・・材料もそこら辺のものを見繕ってどんどんやっちゃうタイプです。しかしなんやかんや言いながらもしっかり完成させてくるのがすごいところです。

そんな全く違ったタイプの2人ですが、意外と一つの空間をまとめて仕上げてくるところは日頃のコミュニケーションのたまものですね(笑)。

そんな雰囲気の中で作られている手作りの紹介をさせていただきます。



その1 BBQサイト

4か所3種類のBBQサイトがあります。グレーとブラックのイタリア製のタイル(頂きもの)を使用し、最大10人が囲むことができる十角形のモダンな造りになっています。

もう一つは木製のBBQサイトです。温かみのある木の香りに癒されます。



その2 池周辺テラス

池の周りの階段式テラスを作ったことで周囲の景色を楽しむことができるスペースとなりました。寝転がったり、足を延ばしたりできるよう設計されています。知らない人同士でも会話が弾むそんな空間利用の場として考えられています。廃材を使った歩道は味のある作りでよっし~のお気に入りです。
川を見下ろすテラスでは、シェフ自ら提供する特別モーニングセットを味わうことができます(要予約)



その3 吊り橋の架け替え

老朽化した今にも抜け落ちそうなつり橋を、シックでかっこいいブラックの橋に架け直しました。自然の景色を邪魔しないカッコいいつり橋に変身しました。

ここだけの話、てるさんは高さとの恐怖で仕事が終わっても緊張のあまり顔がこわばってました。もちろん命綱は装着していましたよ!

次回のCPK木頭アウトドア便りではお待たせしました。工事の進行状況報告をさせていただきます。
お楽しみに!!

イタリア製のタイルBBQサイトと、木製のBBQサイト。切り株の椅子には手編みのカバー。
上空からの写真です。だんだんとキャンプ場が完成に近づいています。