2018年ラスト大会!「三重 紀北SEA TO SUMMIT 2018」に挑戦!

  • Posted on: 9 January 2019
  • By: kazama

TEXT/小川迪裕、PHOTO/黒崎健一
協力/三重 紀北SEA TO SUMMIT実行委員会、モンベル https://www.montbell.jp/
公式HP:https://www.seatosummit.jp

カヤック、自転車、登山を通して自然の循環を体感する環境スポーツイベント「SEA TO SUMMIT」。2018年は全国12会場で開催され、その中で最後となった三重 紀北大会に本誌ライターが出場した。

まず初日は開会式と環境シンポジウムが実施。日本を代表するネイチャー・フォトグラファー内山りゅう氏が登壇し、三重県を流れる銚子川の魅力を語った。

翌日は空気が澄んだ朝7時から大会がスタート。城ノ浜海浜浴場から大白海岸へ進み、温かい水を受けながら次の種目である自転車へ。

漁業が盛んな同地域の港を間近で見て、最後のハイキングへ。急な傾斜を四苦八苦しながら登りきり、無事にゴールした。

イベントの最後は大抽選会と三重 紀北大会恒例イベント「餅まき」が行われ、幕を閉じた。本レポートはGARVY4月号(3月10日発売予定)にて掲載。詳細はそちらでご一読いただきたい。