GARVY PLUS

キャンプ場検索・予約
  • Gear

ギア倉庫を手に入れよう①3畳コンテナレンタル

2022.07.24

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter

年々値上がりしている都市部の住宅事情。増えるキャンプギアの収納問題を解決するのはギア倉庫=トランクルームだ。

トランクルームは個人の荷物の保管場所を借りるサービス。建物の中の区分けに荷物を保管して自分で出し入れする「屋内型」をイメージするが、コンテナなどを利用する「屋外型」や、業者が出し入れをする「宅配型」もある。広さも高さ100㎝程度のロッカータイプから5畳ほどの大型までさまざま。

当然、広いほど料金は高くなるが、今住んでいる住宅から広い物件に引っ越すことを考えると割安だし、セキュリティは万全。平日には不要な道具を保管するには理想の"ギア倉庫〟なのだ。

さまざまなタイプがある中から、今回はまず3畳コンテナレンタルの実例を紹介しよう。

ファミキャンギアを3畳コンテナに入れて家族みんなハッピー

「4・5畳くらいの部屋をキャンプ道具専用部屋として使っていましたが、ふたりの子どもが大きくなると個室が必要です。部屋が足りなくなったため、トランクルームを利用することにしたんです」というのはブログでキャンプの楽しみを発信するCampout!?さんだ。キャンプ歴は8年。4人家族でのキャンプなので、ファニチャーだけでも家族分となるとかなりのスペースを占める。

Campout!?さん
同僚に勧められてキャンプを始めて8年。小・中学生ふたりの子とともにファミキャンを楽しむ。ギアとキャンプ場を紹介するブログ(https://sgwu1.com/camp/)は読み応えあり。

現在利用しているのはハローストレージの屋外型で幅190㎝、奥行き230㎝、高さ230㎝。広さはもちろん、自宅から徒歩圏内で、クルマを寄せられること。そして自宅で契約手続きが完結できたことが決め手だったそう。

規約上、燃料や食品など保管できないものはあるが、この約3畳のコンテナにキャンプ道具の9割以上、そして季節の遊び道具も収めているという。

「子ども部屋を作れたこともそうですが、虫や汚れを自宅に持ち込む可能性が大幅に減りましたし、収納場所のすぐそばに駐車できるので、準備と片付けの時間が半分以下になったのがよかったです。気になることは、どうしてもコンテナは春から秋にかけて湿度が高いし、真夏の室内は高温になること。これは除湿乾燥剤をたくさん置いてカビ対策をしています」とQOLが高まったよう。

①長物は天井付近に

ラックをつなぐようにインテリアバーを2本掛け、軽くて長くて大きな収束型チェアやマットなどを収納。これはアイデア!

②使用頻度が低めのギアは奥へ

通路を確保していても、やはり取り出しやすいのは手前。季節ものや使用頻度が低いものは棚の奥側に収納するのが鉄則だ。

③キャンプのマストアイテムは手前に

ざっくりと左ラックにテントとタープ、右ラックは小物を収納。そしてお気に入りで出動回数が多いギアほど手に取りやすい場所に保管する。

【満足度&アドバイス】
・自宅が広くなった     ★★★★☆
・自宅が汚れなくなった   ★★★★☆
・キャンプ準備が楽になった ★★★★★
トランクルーム選びでは間口が広いこと、そして通路分を確保できる広さのものを選ぶといいでしょう。

TEXT/大森弘恵
PHOTO/中里慎一郎、上樂博之
出典:ガルヴィ2022年6月号

執筆者プロフィール

ガルヴィ編集部
1991年創刊のアウトドア・キャンプマガジン『GARVY -ガルヴィ-』編集部。春夏秋冬、フィールドやイベントを駆け回っています!

SNS

ページ内トップへ