GARVY PLUS

キャンプ場検索・予約
  • Technique

雰囲気満点! 燃焼系ガスランタン&オイルランタンの使い方

2022.08.19

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter

ガスランタンは前回のガソリンランタンと同じくマントルを用いる。マントルという発光体を灰状にしてマントル内にガスをため、それを燃焼させることでただの炎よりも明るく輝く。一方、オイルランタンはマントルの代わりにウィック(芯)に火をつける。

ガスランタンの使い方

コールマン 2500ノーススターLPガスランタン
【問】コールマン ジャパン ℡.0120-111-957

ビッグサイズのマントルを装着するので、非常にパワフルで広範囲を照らす。マントルは上下をクリップで装着するので結ぶ手間なしで簡単だ。自動点火装置付き。

野毛陽平さんのアドバイス

ノーススターを使用していると甲高い「ボーッ」という音(共鳴音)が響くことがあリます。これは気温や火力、湿度など様々な条件が重なって出る音。火力調節つまみを回し、明るさを変えて音を落ち着かせよう。

Advisor:野毛陽平さん
神奈川県小田原市のアウトドアショップ「sotosotodays」店長。sotosotodaysは幅広い品ぞろえを誇り、その人にあった本当に使いやすいモノとは何か、いっしょに考えてくれると評判。野毛さんほかスタッフに相談に訪れるファンは多い。

オイルランタンの使い方

芯を伸ばして火を近づける
オイルランタンはマントルの代わりにウィック(芯)に火をつける。右側のレバーを回してウィックを出し、左のレバーを押し下げてグローブを持ち上げ、すき間から火をつける。

出典:ガルヴィ2021年12月号

執筆者プロフィール

ガルヴィ編集部
1991年創刊のアウトドア・キャンプマガジン『GARVY -ガルヴィ-』編集部。春夏秋冬、フィールドやイベントを駆け回っています!

SNS

ページ内トップへ