Camp Field News

【GARVY最新号記事】焚き火好きペットキャンパーの愛用ギアをご紹介!

2019/11/21

GARVY12月号では、焚き火を愛するキャンパーたちのさまざまなスタイルを掲載! 今回GARVYPLUSで紹介するのは、愛犬とソロキャンプを過ごす鈴木健治さんの焚き火ギア。そのこだわりポイントをチェック!

TEXT/小川迪裕 PHOTO/黒崎健一

火と戯れるためのこだわりギア

class=wp-image-1844/

焚き火台:パイロミッド「グリルストーブシステム10インチ」、オノ:ハルタホースの片手斧、ナイフ:モーラナイフ「セーフ」「エルドリス ネックナイフキット」、グローブ:ノーブランドの本革手袋、火吹き棒:ノーブランドのファイヤーブラスター、トング:スノーピーク「焚火ツールセットPRO」。

オーブンにもなる多機能焚き火台

class=wp-image-1845/

パイロミッド「グリルストーブシステム10インチ」は、土台の上に網を載せればグリルに、蓋を載せればオーブンにもなる3WAY仕様。「これ一台で焚き火から調理までできます」。

刃先の丸い安全仕様の焚き火ナイフ

class=wp-image-1846/

モーラナイフ「セーフ」「エルドリス ネックナイフキット」は、刃先が丸い安全仕様。「焚き火ではフェザースティックを使って早く点火できるようにします」。

炎をコントロールするファイヤーブラスター

class=wp-image-1847/

ファイヤーブラスターは焚き火のときに鈴木さんが最も使うギアのひとつ。「焚き火の深い部分で吹くと、火花が散らない。アパッチに火がいかないので安全なんです」。炎をコントロールするうえで欠かせない道具だ。

安全に火をいじる焚き火ツール

class=wp-image-1848/

3つのツールはどれも手元から先端(使用部)までが長い設計。「壊れにくいうえに、火の粉にビビらずに焚き火を楽しめます(笑)」

class=wp-image-1849/

PROFILE:鈴木健治さん &アパッチくん

全国の庭仕事を行う。休日は海辺でサーフィンやSUP、キャンプをする生粋のアウトドアマンで、下田を中心に活動をする。アパッチくんは10歳になるジャックラッセルテリアで、普段はおとなしいが SUPではすぐに水の中に飛び込みたがる元気な面も。

※当記事はキャンプ雑誌『GARVY』2019年12月号(実業之日本社刊)の内容を一部抜粋、再編集したものです。

最新号! GARVY12月号のご購入はこちら

戻る

Magazine最新刊紹介

GARVY2019年12月号

もっと見る