キャンプフィールドニュース

スタンプを集めて豪華賞品を当てよう!  No.69_青川峡キャンピングパーク

SNSでシェア!
2020/05/22

ガルヴィ杯 キャンプ場ラリー’20

キャンプ場ラリーは、参加キャンプ場に行くともらえるスタンプを集めることで、抽選で豪華な商品がもらえる企画。「どのキャンプ場に行こうかな?」と考えているみなさんのために、どんなキャンプ場でスタンプをゲットできるのか、参加キャンプ場について紹介。

今回は三重県にある青川峡キャンピングパーク(ガイドページはこちら)

テントサイトは、全て広めに設定されていて、どんなテントでもサイト内に収まり安心だ。AC電源付きのオートサイトからフリーサイトまで、ロケーションやキャンプスタイルに合わせて選ぶことができる。

センターハウスには売店やレンタル品が充実。炊事場のトイレやシャワー・流し台が清潔に保たれているのでファミリーやビギナー、特に女性キャンパーも安心して快適に利用可能だ。

斬新なキャンプ体験ができる「CABIN’Gサイト」にも注目したい。BESSのログ小屋「IMAGO」とウッドデッキを使い、新しいキャンプの楽しみ方ができる施設となっている。「遊・食・癒」をテーマにした3タイプから選ぶことができる遊び心あふれる空間が魅力。

ほぼ手ぶらで宿泊可能なコテージから、調理器具や寝具などは持ち込みorレンタルで利用するログハウスなどが充実しており、テラスや庭ではBBQなども可能。キャンプを始める入り口としても最適となっている。

名古屋から1時間、京都・大坂から2時間の好アクセスで、10分圏内に大型スーパーやコンビニ、地場産直売所などがあり、食材調達も便利。

アクティビティも充実しており、青川や場内を流れる小川などで水遊びができ、水辺サイトでは直火で焚火が楽しめ、キャンプ場に隣接の公園には遊具などもある。レンタル自転車もあり、子供たちも退屈することなく遊ぶことができるだろう。

年間を通して様々なイベントや宿泊者向けのプログラムを用意。各季節ごとの魅力を存分に楽しめる。

春にはキャンプ場に向かう青川沿いの満開の桜並木、秋には場内の木々の色づきなどを楽しめる。

多くのキャンパーで賑わう週末とはうってかわって、平日は落ち着いた雰囲気でキャンプを楽しめる。有給が取れたり、平日休みの方、ソロ・デュオ利用には特におすすめだ。

予約受付電話番号:0594-72-8300(利用予定日の3カ月前の10日より)
ホームページでの予約も可能
最新情報はキャンプ場にお問い合わせください
公式ウエブサイトURL:https://www.aogawa.jp/

戻る

最新号&バックナンバー最新刊紹介

GARVY2020年8月号

もっと見る