キャンプフィールドニュース

串から作ってみよう! 小さな炎で作る大人の串焼き

SNSでシェア!
2021/01/08

串焼きは結構面倒だ。焼き上がるまで串をずっと持っているのも大変だし、串用のスタンドがあるとは限らない。だったらその場で長い串を作ればいい。地面に差し込めば簡単に固定できるし、脂が伝う様子も食欲をそそる。
※ナイフを使う際には、グローブを着用しケガに十分注意して正しく使いましょう。

PETIT CRAFT 串

お箸同様、簡単でだれもが取り組めるのが串作り。1本の串は食材の重みでくるっと回って同じ面しか焼けないので、二股に。

枝分かれを利用したり、竹なら両面をまっすぐ削り落とすだけでいい。

HOW TO MAKE サンマの塩焼き

串に刺すとうまみが逃げやすいけれど、それでも挑戦したくなるから不思議。サンマは丸ごと焼いて、甘苦いワタごと食べるのが大人の楽しみ。これだけはゆずれない!

木や竹の長い串は、サンマとは反対側も削っておけば地面に串を刺して固定できる。市販の短い串は、目玉クリップや網の目を利用。
サンマは軽く塩をふり、10分ほどたってから洗い流す。その後、風通しのいい場所で表面を乾かしてから塩をふり、火にかける。
串を放射状に打つと炙る面を固定しやすい。半面、串が増えるとうまみが逃げやすいので平らな串で口から尾に向けてまっすぐ打ってもいい。

【火加減のコツ】強火の遠火が基本

チキンの炙り焼き同様、強火の遠火が串焼きの基本。サンマの皮が黄金色になったら大成功!

好きなものを串で焼いてみよう!

好きなものを刺して焚き火で炙り、食べるだけ。子どもに人気のマシュマロ、酒のつまみならチーズやソーセージが定番だ。細いワイヤーがあれば、いかくんやさけとばをくくりつけて炙ってもよさそう。

ソーセージ、チーズ、パンなど気になるものを焼いて食べる!

TEXT/大森弘恵

出典/GARVY2020年12月号
GARVY2020年12月号の購入は

こちら

戻る

最新号&バックナンバー最新刊紹介

GARVY2020年12月号

もっと見る