GARVY PLUS

キャンプ場検索・予約

  • Gear

【これさえ買えば完璧◎】現役の上級キャンパー達が選ぶ最強すぎる就寝ギア5選!

2023.01.24

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter

目新しい新製品が次々登場するが、キャンパーたちはどんなギアを使っているのか気にならないだろうか。
そこで実際にキャンプしている人たちにリアルなギア情報を取材してみた。
今回は就寝ギアを紹介。

【あわせて読みたい】キャンプバイヤー厳選!“焚き火”を満喫できるギア6品


①〈ナンガ×キャルオーライン〉スリーピングバッグ

380gのダウンを封入したナンガの定番寝袋に、ファッションブランド・キャルオーラインが別注をかけたスペシャルモデル。
生産時に余った生地をデザイナーが10色セレクトし、非対称に配置。
背中と足先には防水透湿性のあるオーロラテックを使用し濡れにくい仕様。


【キャンパーの声】ジュエリーブランドPR 宮城義真さん

10色という奇抜な色にひと目惚れしました。
人の目に触れることが少ないギアだからこそ、自分なりにこだわったものが欲しくなりました。
3シーズン使える程よい保温性も重宝しますね。


➁〈クライミット〉スタティックV

同ブランドの象徴であるV字形空気室を採用したミリタリーカラーのエアマット。
寝返りをうっても空気が流動しにくく、落ちることなく安定するのが特徴。
収納すると7.6×20.3㎝と非常にコンパクトになり、バックパックに入るほど小さくなるのも魅力だ。


【キャンパーの声】会社員 てつやさん

サイズは一般的なマットと大差ありませんが、収納するとペグくらいまで小さくなるのに驚きました。
デコボコしたデザインが気になったのですが、体の収まりがよく快適です。


③〈DTOETKD〉足踏み式エアマット

口や別売りのポンプで膨らませるのではなく、内蔵のポンプを足で踏んで膨らませる新発想のマット。
袋から出して膨らませると約3分で膨らませることができ、撥水加工で多少の水がついても濡れない機能ももっている。
ピローが付いているのもうれしい。


【キャンパーの声】アウトドアライター 内舘綾子さん

ピクニックやフェスで、軽量でコンパクトなマットが欲しいと思って購入しました。
表面に撥水加工が施されているので、水滴がついた芝生でも心配せずに使えるのが魅力です。


④〈バイヤーオブメイン〉ウッドコット

アメリカのファニチャーブランドが手がける人気のコットに、エル・エル・ビーンのロゴを刺繍したコラボモデル。
通常のコットは脚が木材になっているが、こちらはブラックのパイプが使用されており軽量化も実現。
パタパタと折りたたむ簡単な構造もポイント。


【キャンパーの声】インスタグラマー daikichi446さん

やはり脚が他のコットとは異なるブラックのパイプに惹かれました。
座面高は高すぎず低すぎない絶妙な位置で、ベンチとしても大活躍。
程よい沈み込みも快眠へ誘ってくれます。

TEXT/小川迪裕
出典/ガルヴィ2021年12月号

【あわせて読みたい】

“限定人気アイテム”夜を優しく照らすランタンシェード

キャンプバイヤー厳選!“焚き火”を満喫できるウェア6品

売り切れ続出中!今人気の秋冬キャンプギア5選

執筆者プロフィール

ガルヴィ編集部
1991年創刊のアウトドア・キャンプマガジン『GARVY -ガルヴィ-』編集部。春夏秋冬、フィールドやイベントを駆け回っています!


SNS

ページ内トップへ