GARVY PLUS

キャンプ場検索・予約
  • Camp Site

3月までにGO!「冬キャンプ」が堪能できるおすすめキャンプ場7選

2022.01.16

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter

日本には多種多彩なキャンプ場がたくさんあるなかで、ガルヴィ編集部がおすすめするキャンプ場をクローズアップ! 今回は冬でも楽しめるキャンプ場を紹介しよう。

①備北(びほく)オートビレッジ

国営備北丘陵公園とイルミネーションを満喫!

国営備北丘陵公園内にあるキャンプ場。オートサイト、フリーサイト、コテージなどの種類があり、コテージでは天候に関係なくゆっくり過ごすことができる。冬の見どころは、なんといっても「備北イルミネーション」! 美しい夜景を満喫しつつ、キャンプも楽しめる。施設内には大型遊具もあり、古民家でのむかし懐かしいおもてなしもうれしい。

 【INFO】
所在地:広島県庄原市上原町1300 
℡.0824-72-8800 
料金:オートキャンプサイト3000円、
フリーサイト1500円、入場料800円(大人)
https://www.bihokupark.jp/

②ウェルキャンプ西丹沢

東京ドーム21個分の広大なキャンプサイト

日本最大級のサイト数を誇るキャンプ場。東京ドーム21個分の広大な敷地では四季折々の自然を楽しめ、冬季は雪上キャンプにおすすめ。床暖房&エアコン完備の快適なログハウス、コテージも31棟ある。レンタルや売店も充実しており、場内では手づくりパンの販売も。貸し切りの家族露店風呂(日程確認)も人気だ。

【INFO】
所在地:神奈川県足柄上郡山北町中川868 
℡.0465-78-3181
※予約は下記WEBサイトからも可 料金:4500円~
https://well-camp.com

③鳥野目(とりのめ)河川公園オートキャンプ場

オアシスのようにやすらげる那珂川から流れるせせらぎ水路や大池

26周年という那珂川沿いに広がるオートキャンプ場。豊かな自然に囲まれ、せせらぎ水路や大池で、季節に合わせたイベントが開催されている。2021年から「楽ちんキャンプ」がスタート。キャンプアイテムが一式借りられるので、食材だけ持参すればOK! 1サイト5名までで1泊1万5000円(土曜日泊限定・要予約)。ニーズに合わせて選べるコテージが9棟3タイプあり、女子旅にもおすすめだ。

【INFO】
所在地:栃木県那須塩原市鳥野目391-1 
℡.0287-64-4334
料金:オートサイト4000円、フリーサイト2000円、
電源サイト5000円
http//www.torinome/

④層雲峡(そううんきょう)オートキャンプ場

大雪山周辺のアクティビティの拠点として!

日本最大の国立公園・大雪山国立公園周辺のベース基地として最適。層雲峡温泉からもクルマで約10分という場所にあり、1月末から3月中旬には層雲峡温泉氷瀑まつりなども楽しめる。週末のみ冬季もオープン! コテージは暖房器具が完備されているので寒さの心配はない。旭ヶ丘での犬ぞり体験や、今シーズンから本格導入されたレンタルテントサウナ、層雲峡温泉の割引特典もある。

【INFO】
所在地:北海道上川郡上川町清水 
℡.01658-5-3368 (金〜日・祝10時〜17時)
営業期間:2021年12月3日〜2022年3月27日 
※週末のみ営業
https://activitykamikawa.jp

⑤N.A.O.(えぬえーおー)明野(あけの)高原キャンプ場&Cottage

積雪1m以上! 雪中キャンプが楽しめる

冬季は1m以上の積雪があり、雪に囲まれた雪中キャンプを楽しむことができる。キャンプサイトは、少し雪を残して除雪を行うので、雪かき作業に時間を取られることなく、到着したらすぐにサイトを設営可能なのもうれしい。炊事場には温水、トイレには暖房を完備。全長約50mのソリコースは子どもたちに大人気。ソリのレンタルもあるとのこと。白銀の世界でゆったりと過ごすもよし! 子どもたちと一緒にソリ滑りや雪だるま&かまくら作りを楽しむもよし! 安心して雪中キャンプを楽しめるキャンプ場だ。

冬キャンプビギナーでも雪中キャンプを満喫できる。サイトは電源付き、電源なしを選ぶことができる。
雪と朝日の澄んだ空。自然のなかで、美しい冬景色に出合うことができる。ソリ遊びも絶対楽しい!
【INFO】
所在地:岐阜県郡上市高鷲町鮎立5434
℡.0575-72-6758 
※予約は下記WEBサイトからも可
料金:オートサイト3500円、
電源サイト4500円、入場料800円(大人)
https://www.naocorp.jp/

⑥長瀞オートキャンプ場

ソロデビューにぴったりの女性限定のガールズサイトあり

女性に人気の高いキャンプ場の代表といえば、この長瀞オートキャンプ場だ。人気の秘密は、女性キャンパー目線で考えられた設備が多いこと。女性や子どもでも安全に薪割りができるように薪割り台が設置されていたり、使いやすいパウダールームも完備されているのがポイント。女性がひとりでも安心してキャンプができるように、女性限定サイトがあるのも同キャンプ場の特徴。まさに、女性ソロデビューにぴったり! 公式LINEアプリから友達追加をするとステッカーがもらえるサービスもあり。

荒川を前に、幻想的な夜景は同キャンプ場の人気のひとつ。年間を通して行われるライトアップがサイトを彩る。
複数人でメイクもできるスタイリッシュなパウダールームも完備されている。さすが女性に人気のキャンプ場ならではの施設だろう。
【INFO】
所在地:埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1
℡.0494-66-0640 ※予約は下記WEBサイトから
料金:オートサイト・ソロ1600円~、
オートサイト・ファミリー2800円~、
入場料600円(大人)、300円(子ども)
https://www.nagatoro-camp.com/

⑦長瀞キャンプヴィレッジ

ランタンが彩る天然温泉で心も体もゆっくり癒やされる

首都圏からほど近い埼玉県秩父地方で人気のキャンプ場のひとつ。ちょっとレトロで武骨な雰囲気が非日常へと誘ってくれる。大きな特徴は、天然温泉が味わえる露天風呂! そしてセンターハウスでは、ヴィンテージランタンがキャンパーを出迎えてくれる。大きな内風呂と天然温泉の露天風呂があり、露天風呂は何度でも入浴可能だ。自然のなかでのキャンプを楽しみながら、温泉に浸かり、柔らかな灯りのなかで過ごす時間は、心身をゆっくり癒やしてくれるはずだ。スタイリッシュなグレードアップログハウスでも宿泊可能(2万9000円~)。公式LINEアプリから友だち追加をすると、ステッカーがもらえるサービスもある。さらに、荒川でのラフティングなど、観光&アウトドア・アクティビティの拠点としても活躍するキャンプ場といえるだろう。

「ランタン温泉」の露天風呂。同キャンプ場ならではの雰囲気を感じることができる。
ずらりと並んだヴィンテージランタン。使用されるランタンは毎日変わるという。どのランプに火が灯るかは、その日のスタッフの気持ち次第とのこと。
荒川の横に広がるキャンプ場。長瀞の自然をたっぷり味わえるすてきなロケーション。荒川では、ラフティングやSUPなどのアクティビティが楽しめる。
【INFO】
所在地:埼玉県秩父郡長瀞町岩田483 
℡.0494-66-3817 ※予約は下記WEBサイトから
料金:オートサイト・ソロ2000円~、
オートサイト・ファミリー3000円~、
入場料700円(大人)、400円(子ども)
https://www.nagatoro-campvillage.com/

SNS

ページ内トップへ